自動組版

データベースなど活用して、一定のルールに従って自動的にレイアウトを作成します。
カタログや情報誌の制作などを効率的に進めることができ、コストダウン、品質の向上が期待できる自動組版にも積極的に取り組んでいます。

自動組版:作業の様子(動画)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

自動組版とは…

自動組版の特徴

・「自動組版」とは、データベースなどを活用して文章情報を整形(成型)し、一定のルールに従って組版を行うことです。組版が自動化されることで、文章の内容のみに注力でき、制作精度を高めつつ「リードタイムの短縮」「品質の均一化」「コストダウン」が図れます。
・通常の組版ではページが多ければ多いほどコストがかかってしまいます。自動組版では準備時間が必要になるものの、ページが増えれば増えるほど、通常組版よりコストを抑えることができます。

自動組版の素朴な疑問

自動組版はすぐできる?

事前準備にデータベースやシステムの構築といった作業が必要になってきます。最初に時間がかかりますが、リピートすることによって時間短縮などの自動組版のメリットがでてきます。

どんな誌面でも自動化できる?

パターン化できる定型のレイアウトであれば可能です。また、レイアウトが不定型でもテキストがパターン化していれば、スタイルシートをあてることにより(タグ付け)、体裁の自動化が可能です。

自動組版は校正がいらない?

校正がなくなるわけではありませんが、手動で作業を行うより人為的なミスは減ります。

自動組版のポイント

パターン化がカギ !

定型の組版に効果を発揮します。不規則に見えても、フォーマットを整理していくことでパターン化できるかもしれません。

事前の設計が重要 !!

自動組版は「これこれこうだから、明日までに作って」というわけにはなかなかいきません。
データベースの構築やレイアウトパターンの整理、組版ルールの整備など、しっかりとした設計が必要になります。

リピート物件に効果アリ!!!

事前準備に時間がかかりますが、リピート物件へは迅速に対応できます。
類似した内容の物件であれば、システムの二次利用によりスムーズな立ち上げが可能です。

大掛かりな物件の自動化だけが自動組版ではありません。
QRコードや学位記のような個人名の可変など、バリアブル物件にも活用できます。
お気軽にご相談ください。

この製品・サービスについて